×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーネット250 カスタム

ホーネット250のカスタム改造について

ホーネット(Hornet)250というのは、“本田技研工業”により製造、販売されているオートバイです。バイク好きの中には、熱狂的に好きな方がいると思います。私もその一人です。

ホーネットが好きな理由は色々とあるのですがまず、簡単な理由として、維持費の問題が挙げられます。バイクは251cc以上で車検が絶対必要ですがホーネット250は250ccですので、車検が必要なく維持費があまりかかりません。

しかし、250ccのバイクの多くは、400cc以上のバイクと比べるとやはり見劣りしてしまいますよね。しかし、ホーネット250はそんな中型バイクの中でも非常に大型で、何よりカッコいいんですよね。ホーネット250の仕様は

ホーネット250の仕様と改造について

ホーネットの仕様は次のとおりです。


・全長:2035mm
・全副:740mm
・全高:1050mm
・シート高:745mm
・最低地上高さ:155mm
・乾燥重量:151kg
・総重量:168kg
・総排気量:249cm3
・最高出力:29kW[40PS]/14000rpm
・始動方式はセルフ式、点火装置形式はフルトランジスタ式バッテリー点火、変速機形式は常時噛合式6段リターン
・ブレーキ形式:油圧式ディスク、懸架方式:前がテレスコピック式、後がスイングアーム式、フレーム形式:ダイヤモンド
・メーカー希望小売価格:567000円(ホーネットデラックスの価格は582750円)

こんな感じです。
数字で言われても分からないと思いますがまず、スタイリッシュというか、スポーティーなスタイルに目を惹かれます。そして、タイヤの大きさ。リッタークラスかと思うようなタイヤの大きさなんですよ。実際に私が乗っているホーネットは、リッタークラス用のタイヤをはいています。タイヤ一本3万円しました^^;ちょっと痛い出費ですが、かっこよさに拍車がかかります。

また、ホーネット250はマフラーも特徴的なんです。通常、マフラーはマシンのサイド、下部についていますがホーネット250の場合、シートカウルの横にマフラーがついてます。そして軽快な運転が可能である一方で重厚感というテイストも備えられており、アルミ製のワイドリムホイールが装着されています。またシートが低いので足つきがよく、さほど身長が高くない方や女性も乗りやすくなっています。

そんなホーネット250ですが、独自に改造したり、カスタムするのも人気があります。いろいろとパーツがありますし、手をかけようと思えばすべてを改造することができますからね。私は、ホーネットは改造カスタムなどしなくても十分にカッコいいと思っています。マフラーやパーツとバイクの相性とか、セキュリティー、ビキニカウルよりフルカウル、アンダーカウルなど手を入れようと思えば、すべてのパーツに手を入れることができます。その人それぞれにこだわりが違いますし、パーツやタイヤなどカスタム改造されたホーネットはかっこいいです。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?